2009年02月07日

低金利のカードローン

ろうきんのカードローン以外では、やはり低金利のカードローンを
狙っていきたいところです。

具体的には、下記の会社がお勧めです。


住信SBIネット銀行のカードローン

住信SBIネット銀行のカードローンは、
なんといっても低金利が魅力です。
6〜10%という金利ですから、
かなりの低金利に入ります。

特に預金がなくても申込は可能ですが、条件としては
「まだ他社から借り入れのない人」
というものがあります。

既に他社で借り入れをしている人は、
残念ですがご縁がなかったということになります。


バンクイック

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、
サービスが立ち上がってからかなり新しい部類に入ります。

バンクイックの魅力も低金利ですが、こちらは5.5〜15%と、
住信SBIネット銀行と比較すると幅があります。


他にもいくつもカードローンがありますが、金利の低いところから
検討するということは忘れないで下さいね!

毎月10万円単位で減らす住宅・カードローンの返済法―絶対トクする活用・返済の“奥の手”を全公開!! (ベストセレクト)
posted by カードローン at 16:27| カードローン 金利

ろうきんが狙い目

カードローンの中でおすすめなのが
「ろうきん」
のカードローンです。

ろうきんというとなじみが薄いかもしれませんが、
実はかなりの低金利を誇っています。
カードローンの穴場的存在といってもよいでしょう。

では、ろうきんのカードローンについてもう少し詳しくみていきます。


◆ろうきん=全国労働金庫協会

ろうきんとは、全国労働金庫協会の略です。

ろうきんのカードローンでは、例えばマイプランであれば
4〜8%という、かなりの低金利で融資を受けることができます。

3年以上会社に勤めている方であれば、
まずはろうきんのカードローンを狙ってみて下さい。

勤めている会社の労働組合が加盟している場合であれば、
社内に担当者がいるため審査がすぐに通りますが、
仮に会社の労働組合が加盟していなくても申込は可能です。


よって、個人的なイチオシはろうきんのカードローンです。
あまり知られていないからこそおいしいと言えるかもしれませんね(^^)
タグ:ろうきん
posted by カードローン at 16:25| カードローン 金利

カードローン審査の難易度

カードローン審査に関しては、当然ながら難易度も異なります。

ただ、会社ごとには独自の審査基準があり、
当然公表もされていません。

そのため、正確な状況を知るのはなかなか難しいのが現状です。

しかし、だからといって申込に躊躇するというよりは、
だめもとで申込をしてみるべきです。

その時のコツは、
「低金利のものから選んでいく」
ということ。

たとえば、カードローンでいえばみずほ銀行や
三井住友銀行などをはじめとする
銀行系のカードローンが人気です。

しかし、だからといってそれらが一番良いとも限りません。
現在は銀行系に限らず様々な業種からの新規参入も
相次いでいるので、もっと他のカードローンで
より低い金利で審査が通る可能性もあるからです。


◆難易度にとらわれすぎないことが大切

というわけで、カードローンの申込のコツとしては、
あまり難易度にとらわれすぎないようにすることが大切です。

自分では難易度が高いだろうと思っていても、
案外やさしかったりするものですからね。

最近は貸金業法の改正により、
確かに審査のハードルは高くなっていますが、
だからといって審査が絶対通らない
というわけではありませんから。


まずは、低金利のものから申込を行ってみる
ということを理解しましょう。

posted by カードローン at 16:20| カードローン 審査